ローヤルゼリーって何?

不眠をローヤルゼリーで予防と改善

ローヤルゼリーが不眠症の予防と改善に効果を持つことをご存知でしょうか。豊富な栄養素が健康や美容に優れた作用を発揮することは有名ですが、不眠症に対しても有効な成分が含まれています。

ここでは、不眠症の原因やリスク、ローヤルゼリーの予防・改善効果についてご紹介します。

不眠症とは

なかなか寝付けない、寝たはずなのに疲れが取れていないなどの症状の実感がある人は、不眠症かもしれません。日本人の5人に1人は不眠症といわれています。眠りたくても眠れない状態は、疲労やストレスを蓄積させ、健全な生活に悪影響を与えます。

週に2回以上眠れないことがあり、ひと月以上その症状がつづいた場合は不眠症です。
なかなか寝付けない入眠困難、途中で何度も目が覚める中途覚醒、いったん起きると眠れなくなる早朝覚醒、眠りが浅く疲れが取れない熟眠障害と、不眠症には4タイプの種類があり、単独の症状の場合と複数の症状が重なり合い発症するケースがあります。

眠れない状態では、体の疲労が取れないのはもちろん、脳が常に覚醒した状態になり脳の疲労も積み重なります。

不眠症の原因

ストレスなどによる自律神経の乱れのほか、不規則な生活やニコチン、カフェインの影響、病気や環境の変化が不眠症の原因として挙げられます。

不眠症によるリスク

質の良い睡眠が取れない状態がつづいた場合、慢性的な眠気や疲れによる注意力や判断力の低下につながり、仕事上のミスや事故など生活に支障をきたす恐れがあります。

ホルモンバランスが乱れ食欲が増進、メタボリックシンドロームの危険性や高血圧、糖尿病発症のリスクも高まります。

不眠症に働きかけるローヤルゼリーの成分

ローヤルゼリー特有の成分として知られるデセン酸は、自律神経の乱れを整える作用で、不眠症にアプローチ。ほかにも次に挙げる成分が予防・改善に効果を発揮します。

必須アミノ酸の一つトリプトファンは、快眠効果を持つ神経伝達物質セロトニンの材料です。睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンは、セロトニンを材料に作られているため、トリプトファンを含むローヤルゼリーの摂取は、不眠の予防へつながります。

γ-アミノ酪酸は安眠効果が高いアミノ酸です。副交感神経を活性化させ脳の興奮や緊張を緩和、眠りやすい状態へ導きます。

カルシウムとマグネシウムは、緊張や興奮を抑えイライラして眠れない状態を改善するミネラル成分です。精神を安定させる効果は、過敏症状やむずむず脚症候群など睡眠時の異常行動を予防します。

目的は生活習慣のサポート

ここまで、不眠症の原因やリスクとローヤルゼリーの成分が持つ予防・改善効果について紹介してきました。

ローヤルゼリーは、薬ではなく健康食品ですから、飲んですぐ眠れる即効性はありません。また、乱れた生活習慣そのものを改める必要性もあります。良い生活習慣を豊富な栄養素でサポートためにローヤルゼリーを摂取すると心掛けましょう。

(引用元)
ローヤルゼリーによる病気の予防、改善の効果、不眠について
http://scmi.us/031.html
目覚めが良くなる?ローヤルゼリー
http://www.ichinavi.jp/28.html
ローヤルゼリーは「睡眠に効果的」
http://www.hollandlimo.net/sui.html